筋肉痛 関節痛 薬

筋肉痛や関節痛の薬でおすすめは?

筋肉痛や関節痛の薬でおすすめの市販薬を、効果や売れ筋をもとにランキングで紹介しています。

 

 

最近では筋肉痛や関節痛に対応し、痛みを緩和させる様々な種類のお薬が市販でも販売されています。

 

どのような市販薬が人気で、実際に筋肉痛や関節痛に多くの人が効果を実感しているのか?

 

効能・効果や売れ筋、それぞれの商品の特徴や作用の仕方などをわかりやすく比較しています。

 

配合されている成分についてもチェックしてみましたので、つらい症状を改善したいという方に筋肉痛や関節痛の薬を導入する参考にしていただければ幸いです。

 

筋肉痛や関節痛に効く市販薬ランキング

筋肉痛や関節痛におすすめの薬 1位「トンデケア」の特徴

あき竹城さん、九重親方のテレビCM絶賛放送中!

・筋肉痛や関節痛といった痛みに体の内側から効く第3類医薬品
・痛みに直接働きかける7つの有効成分が、つらい痛みを緩和
・他にも肩こり・腰痛や神経痛、手足のしびれ、眼精疲労などの症状に
・肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時にはビタミンB1、B6、B12の補給にも
・副作用のリスクが比較的少なく穏やかな効き目が特徴の薬
・定期2個セットで「ヒザらくらくサポーター」をプレゼント!

価格 通常4,980円
評価 評価4.5
備考 初回限定3,675円(税抜、送料無料、初回のみで解約可)、93錠入(31日分)
筋肉痛や関節痛におすすめの薬 1位「トンデケア」の総評

筋肉痛や関節痛に7つの有効成分の働きで、つらい症状を緩和させていく第3類医薬品です。

効き目が穏やかな分、副作用のリスクは比較的に少ないので、安心して服用することができます。

通常価格は4,980円ですが、公式サイトから購入すれば初回は3,675円で購入することができます。

2回目以降も10%OFFで購入できて、送料や手数料も無料なので非常にお得です。

また2個セット定期購入なら、さらにお得に購入できてサポーターのプレゼントももらえますよ。

定期購入の継続回数に縛りもないので、自由に始めたり止めたりできるので気が楽です。

筋肉痛や関節痛におすすめの薬 2位「リョウシンJV錠」の特徴

手ごろな価格で購入できる、筋肉痛や関節痛の薬

・筋肉痛や関節痛に効く6つの有効成分を配合した薬
・ほかに神経痛や手足のしびれ、肩こり、腰痛にもおすすめ
・肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時の栄養補給にも有効
・1日たった1回の服用でOK
・初回限定で1,900円と良心的な価格、最初の1ヶ月は1日換算でたったの61円

価格 通常4,104円
評価 評価4.5
備考 初回限定1,900円(税抜、回数縛りなし)、93錠入(31日分)
筋肉痛や関節痛におすすめの薬 2位「リョウシンJV錠」の総評

筋肉痛や関節痛の緩和に優しい働きかけをする、第3類医薬品に分類されている市販薬。

副作用のリスクが比較的少ないので、心配な人でも安心して長期間飲み続けることも可能です。
配合されている成分の量と割安の価格で、他の薬からこのリョウシンJV錠に常備薬を切り替えたという人もいるようです。

通常の価格は3,800円ですが、公式サイトで購入すれば初回限定で1,900円で購入できます。

同じような効能・効果の市販薬と比べても、価格が手頃なので、長く継続しても経済的な負担が少なく済みます。

筋肉痛や関節痛におすすめの薬 3位「グルコンEX錠プラス」の特徴

累計販売本数400万本突破!筋肉痛や関節痛におすすめ
・筋肉痛や関節痛に効果、効能が認められた第三類医薬品
・筋肉痛や関節痛の他に神経痛、手足のしびれ、さらに便秘や眼精疲労などの症状に
・肉体疲労時や妊娠・授乳期、また病中病後の体力低下時のビタミンB1の補給にも有効
・国が定める製造承認基準上限量のコンドロイチン900mgを含有
・商品購入後もサポートが受けられ、日本薬師堂の薬剤師から電話でアドバイス

価格 通常7,178円
評価 評価4
備考 初回限定1,980円(税込、送料無料、初回のみの解約可)、186錠入(31日分)
筋肉痛や関節痛におすすめの薬 3位「グルコンEX錠プラス」の総評

筋肉痛や関節痛の薬として効能・効果が認められている第3類医薬品。

他にも神経痛や、手足のしびれ、肉体疲労・眼精疲労といった幅広い症状に有効な薬です。

痛み止めのように痛みを抑えるだけの薬とは違い、筋肉痛や関節痛を原因から改善しつつ痛みを緩和するタイプなので、根本的な痛みの改善が期待できます。

通常価格は7,178円で販売されていますが、公式サイトから定期購入を申し込めば、割引価格でお得に購入することができます。

今なら初回限定で1,980円で購入できて送料・手数料が無料なので、痛みにお悩みの方なら一度は試してみるといいでしょう。

定期契約といっても、いつでも解約できますので、常備薬として1本置いておくと重宝すると思います。

筋肉痛・関節痛に効果のある市販薬の種類

筋肉痛や関節痛の薬にも、最近ではいろいろなタイプが販売されています。

 

 

1.内服薬

内服薬を使用する場合は、その成分や効能、正しい服用方法、注意点などをよく理解しておいたほうがいいですね。いくら薬といっても市販薬とくに第3類医薬品の場合は、服用してすぐに効果が出るわけではありません。

 

そのため筋肉痛や関節痛を改善するためには、ある程度継続して服用を続けることが必要です。もちろん一度にたくさんの量を摂取しても効果がアップするわけではありません。飲みすぎは副作用のリスクが高まってしまうので絶対に止めましょう。

 

内服薬にもいくつかの種類があります。

 

血行や新陳代謝を促進する薬

筋肉痛や関節痛には血行を促進することや新陳代謝を高めることなども有効とされています。ビタミンB群やビタミンEには血行や新陳代謝を促進する効果があり、筋肉痛や関節痛を効率よく緩和してくれるでしょう。このような成分を含んでいる薬は筋肉痛や関節痛だけでなく肩こり解消や疲労回復にも効果的です。

 

軟骨成分を含有する薬

とくに関節痛は加齢や負担のかかりすぎで軟骨が摩耗し、クッションとしての機能を果たせなくなってしまうことで発生します。軟骨はグルコサミンやコンドロイチンが成分であり、軟骨のクッション性を高めるためにはこれらの軟骨成分を含む薬を服用することがポイントです。これらの成分は関節のスムーズな動きをサポートしてくれますし、老化防止にも役立つでしょう。また、グルコサミンやコンドロイチンだけでなく、ヒアルロン酸も関節痛に効果的な成分と言われています。

 

漢方薬

冷えや循環不良よる筋肉痛や関節痛には漢方薬の服用もおすすめです。漢方薬は体質を根本から改善するのに優れています。ただし漢方薬にはさまざまな種類がありますので、飲み合わせなどにも注意が必要です。薬剤師さんにきちんと相談してから服用するとよいでしょう。。

 

2.外用薬

筋肉痛や関節痛は外用薬によってケアすることもできます。外用薬は消炎鎮痛成分や抗炎症成分を患部に直接塗ったり貼ったりできるため、症状によったは高い効果を発揮してくれるでしょう。外用薬にもさまざまなタイプがあるため、症状に合わせて使い分けることができます。かぶれたり痒みがでた場合は、一度使用を中止してみたほうがよいでしょう。

 

▲ページトップへ

筋肉痛・関節痛の薬でおすすめは「トンデケア」

筋肉痛・関節痛の薬で私が一番おすすめするのは、ランキングで1位のトンデケアという市販薬です。

 

 

筋肉痛や関節痛に良いとされる健康食品やサプリメントもたくさんありますが、効果や効能がはっきりと認められていない商品なので注意が必要です。

 

効率よく痛みを緩和したいという場合には、やはり医薬品を使うことが必要です。医薬品として認定されている商品であれば、きちんと筋肉痛や関節痛に効果・効能が認められているので信頼ができます。

 

そして市販薬の中でも売れ筋の薬なら痛みの原因に直接働きかけて、効率よく痛みを緩和することができるのでおすすめです。

 

いろいろある筋肉痛や関節痛の薬の中でも人気で、ランキング1位なのがトンデケアなのです。

 

この薬には痛みに効く7つの有効成分が配合されており、筋肉痛・関節痛の根本に直接作用してくれます。

 

例えば筋肉痛や関節痛の原因に血行不良があります。そのため筋肉痛や関節痛を緩和するためには血行を良くすることがとても大事なんですね。

 

トンデケアには血液循環や新陳代謝を促進することで、痛みを緩和する成分が配合されているんですね。

 

またトンデケアは筋肉痛や関節痛の薬とされていますが、実は神経痛にも効く薬なので、さまざまな痛みに効果が期待できる薬であると言えるでしょう。

 

傷んだ神経を栄養することで神経痛の緩和や手足の痺れの緩和など痛みを原因から改善するといった効果期待できます。

 

トンデケアは第3類医薬品なので副作用のリスクが少ないことも人気の理由のひとつです。また品質管理も重視しており、国内の工場で製造されています。

 

だから安心して、継続して服用することができるでしょう。

 

トンデケアはただの痛み止めや鎮痛剤とは違うので、その場限りの薬とは違います。筋肉痛や関節痛を根本から改善したいという人には最適な薬と言えるでしょう。

 

筋肉痛や関節痛を発症すると、もう年齢のせいだとあきらめてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

でも有効性や安全性が認められた医薬品を正しく使用すれば、つらい症状も十分に緩和することができるので、あきらめずにしっかりケアしていきましょう。

 

配合成分や価格、口コミでの評判、電話でのサポートなどをトータルで考えると、トンデケアは1番おすすめできる市販薬です。

 

 

▲筋肉痛や関節痛に効く市販薬ランキングへ

筋肉痛や関節痛は年とともに起こりやすくなる?

・昔に比べて筋肉痛や関節痛が治りづらくなった。

 

・大した運動をしてないのに、関節や筋肉の痛みが強い。

 

など、加齢に伴い関節や筋肉の悩みも多くなってくるのでは?

 

筋肉痛や関節痛の悩み

 

若い時にはあまり気にならなかった運動後の痛みが、今では何日も引きずってしまなんてうこともありますよね。

 

そもそも関節痛や筋肉痛は運動のやり過ぎや負荷のかけすぎで、関節や筋肉に負担がかかり組織を損傷している状態です。

 

組織の損傷といっても、痛みが軽い場合は損傷度合いもごくわずかで、自然と治癒してしまうことが多いですよね。

 

逆に痛みが強く日常生活に支障がでるくらいのいたみだと、場合によっては関節損傷や肉離れなど、重症なものもあるので注意が必要です。

 

症状が重症な場合は、すぐに専門家に診てもらうようにしましょう。

 

さて、この関節痛や筋肉痛ですが、若いころは少しぐらい運動をやりすぎても、何日も痛みで悩むことはなかったり、数日で治ってしまいますよね。

 

これは若いころの肉体は、組織に栄養や酸素がが十分いきわたり、とても柔軟性にとんでいるからなんです。

 

だからちょっとくらい運動をしても柔軟性があるため組織を傷めることもなく、また過度な運動で軽微に痛めたとしても栄養がいきわたっているので、自然と治るのが早いのです。

 

ところが関節や筋肉など組織の柔軟性は加齢とともに低下し、栄養や酸素も行きわたりづらくなっていきます。

 

関節や筋肉が硬いとちょっと運動しただけでも痛めてしまったり、また一度痛めるとなかなか治りづらかったりします。

 

だから若いころのように身体の柔軟性を維持し、組織に酸素や栄養素が行き届くような状態にできるだけしてあげることが大事なんですね。

 

これにはやはり全身の血行がとても大事です。

 

血行が良ければ組織に水分や栄養素、酸素がしっかりと行き届いてくれます。

 

関節や筋肉の水分量が低下すると組織が硬くなる要因にもなるため、水分が行きわたれば柔軟性にも良い影響があります。

 

また栄養や酸素が組織にしっかり行き届けば、修復力に良い影響があります。

 

筋肉痛や関節痛の予防には運動が大事

 

血行を良い状態に保つには日常生活で適度な運動を取り入れたり、食生活を気を付けることが大事です。

 

加齢とともに体があちこち痛くなるのは仕方ないと思っている方も多いですが、日常生活でのちょっとした意識次第で体の老化は十分防げます。

 

とくに体の血行を良い状態に保つことは、さまざまな病気の予防になりますので、日ごろから意識しておきたいところですね。

 

▲ページトップへ